障害者福祉制度の問題点 その1

障がい者福祉に関して、昨年には新たな法律「障害者総合支援法」が公布されたが、いったいなぜ「障害者自立支援法」は短い間で改正されたのか。まず、一番の問題点であったのは「応益負担」であった。今までの福祉は「措置制度」といわれるものであったが、障害者自立支援法によって「措置」から「契約制度」に変わった。契約制度になり「応益負担」になったことで、利用者が自らサービスを選び契約、そしてそのサービスを利用することでお金を支払うこととなった。この「応益負担」が原因となり、障がい者・障がい者を持つ家族の負担が今までよりも大きくなった。このことは障害者自立支援法が施行されてすぐに「問題点」として議論されていた。法律としては、地域に障がい者が出ていくということを前提としての法律となっているため就労支援や、地域福祉への取り組みも努力する旨が定められているが、就労できる障がい者は一部であったり、なかなか地域への移行が進まない現状もあり「ただ負担が増えた」という認識しか残らなかった。

【新宿】iphone修理業者と言えばここでしょう!

http://mumumu378.info

シマックス 建築

見違えるほどキレイになった☆

着物買取大阪なら無料出張査定にお伺い

ページ一覧

  • TOP
  • 障害者福祉制度の問題点 その2
  • 家庭用浄水器の種類とメリット ☆1★
  • 家庭用浄水器の種類とメリット ☆2★